カテゴリ

月別 アーカイブ

HOME > そうだ進学塾ブログ > 前へ前へと伸びていきたい気持ち

そうだ進学塾ブログ

< 世界新記録の思いやり  |  一覧へ戻る  |  猛暑の終わりの牧野庭園 >

前へ前へと伸びていきたい気持ち




こんにちは、そうだ進学塾ですふんわり風船星

 

青枠の下に今日のブログがあります

お読み頂けると嬉しいです

 

 

?そうだ進学塾オンラインって?

 

 

全国の中学生・高校生対象の

完全オンライン個別指導ですスマホ

 

高校受験と大学受験の

基本から難関レベルまで徹底指導します

 

教師二人の小さな小さな進学塾ですクローバー

(東京学芸大学卒、慶応大学卒)

 

公式LINEからお問い合せ頂けます星

友だち追加

 

(対面授業のお問い合わせも

公式ラインをご利用頂けますので

お気軽にどうぞハート

 

 

 

こんにちは、塾長ですバイバイ

 

今日9月4日は、作曲家の

 

アントン・ブルックナーが

生まれた日です(1824年)

 

ヨーロッパの深遠な森の中を

彷徨い歩いていく感じの

 

長大で荘厳な交響曲を

たくさん書いています

 

(私も一応『交響曲全集』を

持っています)

 

ところでブルックナー自身は

 

(後の研究によると)

 

自分の作品に自信が持てずに

 

『ここをこうした方が良い』

という指摘や批判を

 

たくさん聞き入れてしまった

形跡があるようです

 

当時出版された楽譜に

 

弟子が改変した箇所が

かなりあるとされていて

 

作曲家の意図をどう考えるかで

 

「初稿」「初版」「ハース版」

「ノヴァーク版」などなど

 

同じ曲に複数のバージョンが

存在しています

 

けっして器用なタイプではなく

 

長い年月をかけて、自分の世界を

構築したブルックナーは

 

「自分の音楽には、どこか

欠点があるのではないか」

 

という気持ちが

やや強かったかもしれません

 

でもそれは「自分の作曲を

少しでも良くしたい」という

 

「向上心」「大志」「野心」の

表れだったとも思いますふんわり風船星

 

何しろブルックナーには

ものの数秒も聞けば

 

すぐにそれと分かるほどの

強烈な個性があります

 

「とにかく前へ前へと

伸びていきたい気持ち」

 

勉強でも大切なのは

そういう情熱ではないでしょうかニコニコ

 

 

 

 

私の持っている、ブルックナーの

交響曲全集の写真です

 

オイゲン・ヨッフムという

いぶし銀の指揮者が振っていて

 

なかなか味がある演奏です

(塾長)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだ進学塾オンラインのお問い合せは

 

①公式LINEスマホ

(お友達登録して頂けると嬉しいです)

 

友だち追加

 

(対面授業のお問い合わせも

公式ラインをご利用頂けますので

お気軽にどうぞハート

 

 

②メールメール

(アメブロでコメントを頂ければ

アドレスをお伝えできます)

 

で受付中ですクローバー

 

 

 

ひまわりそうだ進学塾のアメブロからも
今日のブログをご覧頂けますクローバー

 

ぽってりフラワー対面授業のご相談はこちらからどうぞ

 

ふんわり風船星そうだ進学塾のInstagramです

 

トランプダイヤそうだ進学塾のフェイスブックです

 


< 世界新記録の思いやり  |  一覧へ戻る  |  猛暑の終わりの牧野庭園 >

このページのトップへ