カテゴリ

月別 アーカイブ

HOME > そうだ進学塾ブログ > 「早めに志望校を決める」の間違い①

そうだ進学塾ブログ

< この夏はまって食べたもの(笑)  |  一覧へ戻る  |  「学問のすすめ」と勉強の楽しさ >

「早めに志望校を決める」の間違い①




こんにちは、そうだ進学塾ですふんわり風船星

 

ご案内の下に今日のブログがあります

お読み頂けると嬉しいです

 

    

お問い合わせ・ご相談は

公式LINEをご利用下さいルンルン

 

友だち追加

 

お友だち登録して頂けると

嬉しいです

 

(正会員以外の方に

メッセージ等は送りませんので

お気軽にご登録ください)

 

 

 

そうだ進学塾の新しい授業のかたち

 

オンライン遠隔授業

 

星難関校合格に向けた授業です星

 

LINEを利用して

テキストベースの授業を行います

(50分×週2回~)

 

授業時間外でもLINEで質問ができます

 

映像個別指導

 

音符基礎基本からしっかり学び直す授業です音符

 

Zoomを利用した双方向の映像授業で

丁寧な指導が受けられます

(45分×週1回)

 

完全一対一の授業です

 

今日のブログはこちらです

 

 

こんにちは、荘田志伸ですカエル

 

 

高校受験でも大学受験でも

 

「志望校は

早めに決めるのが大事」

下矢印

「なぜなら志望校を決めれば

目標を持てるから」

下矢印

「そして目標があれば

やる気が出る」

下矢印

「やる気があれば成績が上がる」

 

といったような考え方を

よく聞きますが

 

本当にそうでしょうかえー?

 

 

経験的には

 

早めに志望校を決めた子の方が

早く心が折れてしまう

 

という実感がありますガーン

 

 

中1、中2、高1といった

早い時期から

 

学校説明会などに行ったり

 

まわりの大人から

 

「良い高校・大学に受かってね」

 

「附属校がいいんじゃない?」

「○○高校が進学実績も良いよ」

 

「国公立大学がいいよ」

「最低でもGMarchだね」などと

 

言われていたりすると大抵

 

「あの高校・大学に行きたい!

じゃあ合格するために頑張ろう」

 

となります

 

 

一見すると

 

本人のやる気を引き出す

よいことなのでは…

 

と思われるかもしれませんが

 

問題は

こういったケースでは

 

受験の最後まで頑張れる子は

ほとんどいない

 

ということです

 

 

受験が近付いて

現実的が分かってきたときに

 

(自分の実力よりかなり上の)志望校を

早くから決めていた子は

 

それまでのやる気が

一気にマイナスになり

 

すべて投げ出す危険があります

 

 

ですから

「早めに志望校を決める」

というのは

 

決して良いことばかりではない

と思っています

 

長くなりましたので

次回に続けます

 

 

 

 

事務用品を通販で買ったら

 

粗品として「小梅」飴を

もらいました

 

最近、酸っぱいものが苦手なので

食べられるかなと心配しましたが

 

昔と同じで

美味しかったですラブラブ

 

 

 

“新しい授業のかたち”の

科目や授業料など詳しいご案内は

 

公式LINEのトップページから

ご覧いただけます

 

お問い合わせ・ご相談も

公式LINEより行っております

 

「お友だち登録」の上

お気軽に話しかけてください照れ

 

友だち追加

 

(広告等は送りませんので

お気軽にどうぞ音符

 

 

 

ひまわりそうだ進学塾のアメブロからも
今日のブログをご覧頂けますクローバー

 

ぽってりフラワーメールでのご相談はこちらからどうぞ

 

ふんわり風船星そうだ進学塾のInstagramです

 

トランプダイヤそうだ進学塾のフェイスブックです


< この夏はまって食べたもの(笑)  |  一覧へ戻る  |  「学問のすすめ」と勉強の楽しさ >

このページのトップへ